• 勤怠管理クラウドでできること

    勤怠管理クラウドは勤怠管理システムをクラウドで実現したシステムですがクラウドの良さを活かしつつ、これまでの勤怠管理システムでやりづらかった分野まで踏み込んだシステムとなっています。勤怠管理クラウドでもっともローカルで動く勤怠管理システムとの違いは情報取得機能です。

    従来のシステムでは社外からの勤怠管理システムの利用が禁止されているケースも多く、社内に戻ってきてから申請するというケースが多かったようです。しかし、勤怠管理クラウドを利用することでインターネットが利用出来るならどこからでも申請を出すことが可能です。


    また、外出中の勤怠管理はGPSを活用することで不正を防ぐことが可能です。
    GPSについては偽造が難しいこと以外に多くのスマートフォンで採用されているハードウエアということもあります。

    GPSを利用することで複数拠点を利用している企業にとっても勤怠管理がしやすくなります。



    システムによっては拠点に入った段階でGPSでチェックをし、自動で出退勤させる仕組みも登場してきています。



    普段気にすること無く勤怠管理がされることで負担が減りますし、逆に残業申請をせずとも残業ができるという企業も多くなっています。

    All Aboutの欲しい情報が手に入りました。

    ただし、残業については規定の時間を超えている場合に警告をだせたり、上司へ報告を出せるなどの残業防止機能が搭載されるケースも多くなっています。勤怠管理は普段気にしないという方も多いですが、有給休暇消化などを促すメールを出すなどの機能も注目されています。