• 勤怠システムの管理機能

    勤怠システムでは管理機能がさまざまな面で使いやすくなっています。



    勤怠管理といえば単に出退勤の時間を管理する仕組みが多かったのですが、システム化されることでさまざまな機能を追加し、従業員の出退勤以外に休日やシフト管理まで幅広い分野に対応ができるようになりました。

    出退勤についてはタイムレコーダの代わりに静脈を利用したアダプタやICカード、GPSなども利用できますので出社した場合でも、客先に直接向かった場合でも対応可能です。

    さらに、代理で打刻されることがありませんのでセキュリティ上も守られています。



    カードを無くすことはフレックス制などにも対応しやすいと期待されています。
    また、勤怠システムは管理者側にもメリットが大きいです。


    出退勤のデータを直接社内システムへ移せますし、リアルタイムに出退勤を管理できることから、休むと申請してきた場合でもカードに記入するのではなく、勤怠システムに直接入力可能です。

    OKWaveついて詳しく説明しているサイトです。

    また、支店や出張所があるケースでもインターネットを通じて出退勤管理ができますので従業員にとっては面倒が手続がありませんし、代理で打刻してもらう必要もなく、管理者からはGPSを利用するなどで場所を特定できるのがメリットです。

    勤怠システムではエラーなどの対応も大事です。

    タイムレコーダーでは打刻が失敗したことを月初めまで気づかないケースが多く、あとから確認するのが大変ですが勤怠システムであればリアルタイムにエラーを検知可能です。